鉛バッテリーの劣化について

ECO system for the lead-acid battery
バッテリーTOPページバッテリー再生延命器-ナノパルサーバッテリー充電器(12Vバッテリー用)バッテリー充電器(12Vバッテリー×2台用)バッテリー充電器(12Vバッテリー×5台用)ディープサイクルバッテリー/EBバッテリーCCAバッテリーテスター

■鉛バッテリーの劣化原因

 鉛バッテリーの種類は幅広く、エンジン始動用鉛バッテリーから電動車両用ディープサイクルバッテリー、バッテリーフォークリフト専用のバッテリーまで様々です。

これら鉛バッテリーの寿命には幅があるものの、一般的に2年から長くても5年程で交換されています。

しかし、これらの鉛バッテリーは本当に寿命を迎えているのでしょうか?
壊れているのでしょうか?


高性能鉛バッテリーの電極板(JIS規格)は必要十分な耐久性があると言われます。

例えば、
  • カーバッテリーが新品時から「6〜7年間」使用できるケースがまれにあります。
  • 電動フォークリフト用の大型バッテリーが「9年間」使用できるケースがあります。
世間では鉛バッテリーは2〜3年毎の交換が推奨されているのに何故でしょう?



 ■鉛バッテリーの電極板
※鉛バッテリー内部は複数枚の電極板で構成されています。
(バッテリーフォークリフトはクラッド式)

●新品状態の電極板 - New element plate

新品状態の電極板新品状態の電極板は、通常スポンジ状をしています。

これはポーラス(多孔質)にすることで化学反応面積を増やし、バッテリー容量を増加させるための技術です。電極板の性能がバッテリーの性能を左右しているのです。
新品状態の電極板は「サルフェーション」の影響を受けないため、内部抵抗が低く電気の流れがスムースに行われます。

 電気の流れがスムースで、バッテリーパワーも高い状態です。


●サルフェーションが付着した電極板 - Element plate is covered with Sulfation

サルフェーションが付着した電極板白色状の「サルフェーション」(硫酸鉛:PbSO4)が結晶化し、電極板の表面を覆っています。鉛バッテリーがダメになる大きな原因はこのサルフェーションです。

「サルフェーション」はバッテリーが放電時に電極板の表面に発生します。また、性質上、電気を通さない物質です。この状態では化学反応面積の減少により電気の流れが悪く、バッテリー性能は低下しています。

 電気の流れが悪く、バッテリーパワーが低い状態です。





■バッテリーがサルフェーションの影響を受けると

エンジン、スタート! 
●エンジン車両の場合
  • セルモーターの回転力が弱くなる
  • アクセルの踏み込み量により、ライトの明暗が出る
  • パワーウインドウの動きが遅くなる
  • バッテリー液が蒸発しやすくなる
 ●電気式車両の場合
  • 車両の稼働時間、走行距離の減少 ・・・ こまめに追加充電しなければならない。
  • モーターの出力低下 ・・・・・・ 作業効率、利便性の低下。
  • バッテリー本体の発熱 ・・・・・ バッテリー液が蒸発しやすくなる。
 充電してもバッテリー性能が回復しない状態です。



■JAFが公表するデーター

 毎日平均2600台の車両が、バッテリートラブルでJAF(ジャフ)の救援を受けています。Click Here


■鉛バッテリーの種類 Click Here


■開放型と密閉型の違い
 Click Here


■ドライバッテリー
 Click Here


■バッテリー放電
 Click Here


■鉛バッテリー内部の充電・放電メカニズム 
Click Here


 


パルステクノロジーでバッテリー再生・延命

バッテリー再生延命器-ナノパルサーTOP > サルフェーション問題

High Grove, Inc.
Copyright (C) High Grove, Inc. All Rights Reserved.